スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RMK アイバーム

久々に、個人的に残念だったコスメ。あくまでも私には合わなかった、思った感じと違った
ということですので、よろしくお願いします。


RMK アイバーム

成田空港の免税店で、時間がないときに、あまり下調べもしていないままで
買ってしまった自分がそもそも悪いんです。ずーっと昔のRMKのアイクリーム
(白いチューブに入ってる)が良かったし、RMKのスキンケアは、もうターゲット層の
年齢ではないけど(苦笑)、使い心地が良くて好きなので、これも大丈夫だろうと
油断をしていました。

アイバームは、名前の通りバームなので、香油です。ただ、開けてびっくりなのは、
「ヴァ、ヴァセリン??」と思ってしまうほど、ひねりがないこと。香りはシトラス系で
とってもリラックスできる香りなんですが、使用感はヴァセリン。。実際は、ホホバオイルや
肌を柔軟にするバオバブオイルとやらが入っているそうです。肌に乗せて馴染ませると
角質層まで素早く浸透する、と書いてありましたが、「え?」でした。あくまでも
保湿された肌に油分でフタをするのみで、それ以上の効果は私には実感できず。

マッサージスプーンは、大変立派なのが付属されています。値段の割合でいくと
バームよりこっちの方にお金が断然かかっている感じです。一応、説明書き通りに
マッサージをしてみましたが、目の周りのマッサージに使うには、大きすぎて
ちょっと危ないです。もちろん、バームをのせたベタベタで滑りやすい肌の上で
やるわけですが、力加減が難しく、目に当たってしまいそうになります。

クレドポーボーテのアイクリーム”クレームコントゥールデジュー”に付属されていた
アイマッサージバーが小さくて使い方がシンプルで、そちらに慣れていたせいかもしれません。

何年か前に、超売れ筋だったルーセントパウダーを凄く使いにくいパッケージに
リニューアルして大不評だったことがありましたが、それを思い出しました。
色々ユニークな商品を出してくれるのは好きなのですが、たまに大ハズレが
”個人的には”あるというイメージになってしまってます、RMK。

で、話は戻り、このアイバームは、リップバームとして使っています。。。
スポンサーサイト
プロフィール
30代前半、乾燥+やや敏感肌なのに、外国コスメを試すのが大好きです。お洋服の興味はプチプラ系にまっしぐら中…。日本とアメリカで買い物してます。

V子

Author:V子

Rakuten
最新記事
検索エンジン
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。